6月18日~6月23日の収支報告

おはようございます。

昨日は各地で真夏日で私の住んでいる地域も例外ではなく
30度超えでした。

家の中はもう暑くて暑くて
お昼すぎまでは我慢していたのですが
さすがにクーラーを入れました。

トレードでも熱くなり体が火照っていたので
クーラー+扇風機で対応(笑)

もう8月とか怖いです、、、、。

さてさて、先週1週間のトレードが終了したので、
報告したいと思います。

6月18日~6月23日の収支報告

 

今月の収支報告

6月18日
1R  9回
2R  1回
1R負 5回
2R負 3回
-16360円

6月19日
1R  7回
2R  4回
1R負 5回
2R負 1回
+1440円

6月20日
1R  7回
+18480円

6月21日
1R  4回
2R  2回
1R負 1回
2R負 1回
+3400円

6月22日
1R  6回
2R  2回
1R負 3回
2R負 1回
+3560円


週間収支+10520
6月通算+81200

となりました!!

なんとか週間プラスにはなりました!
また今週のトレードは、検証のため、
多めにトレードをしてみました。
その理由は新しいインディケータを導入したからです!!

新しいインディケーターとは、、、CCI!
皆さんCCIって聞いたことありますか??
このインディケータをバイナリーに導入するのは珍しいことがもしれませんが、簡単にCCIについて説明しますね。

CCIとは??

CCIとは、RSIなどと同じオシレーター系のテクニカルです。
CCIの本当の名前は、
商品チャンネル指数「Commodity Channel Index」と言います。
見てお分かりのようにそれぞれの頭文字をとって
CCIと略して呼ばれます。

こちらのインディケータはオシレーター系のテクニカルなので
一般的に買われ過ぎ売られ過ぎの目安として使われます。

オシレーター系のテクニカルとして代表的なのはRSIかと思いますが
その数値は大体100%or0%で設定されていますが、
CCIの特徴としてはこの100%や0%といった数値が定められてはいません。

この上下のオレンジの線が上下±100なのですが、余裕で突き抜けいているものもありますよね。

上限下限がないからこそどこまで行くかわからないということがあります。

ではどういった使いかたをするのかというと、
基本的にはこの±100という数値を基準に
±100をラインを超えると「買われすぎ」「売られ過ぎ」、
という風に判断をすることができます。

で、一般的には、

この丸の部分ですね。
±100を超えて戻ったところを狙います。

つまり±100ラインを超えてもう1度±100ラインを切ったところで
順張りというのがCCIを使った手法ではないのでしょうか。

ただ見てわかるかと思うのですが
こちらの画像は1分足を表示していて
±100ラインを越えることが結構頻繁に起こっています。

頻繁に起こるということはそれだけ騙しも多いということになります。
なので数値を変えたり他のインディケータと組み合わせたりして
使うのをおすすめします。

さてさて一般的な使い方を説明しましたが
私の今検証している手法はこういった使い方をしません。
ある方法の目安として使います。

それはまた後々ブログに詳細を載せていきたいと思います。

今週の目標は??

先週はなんとかプラス1万円で終わったものの
今月初めに目標を立てた
月10万円というのをまだ達成していません。

そして今週で6月も終わり、、、。
つまり今日をいれてあと4日です。
あと2万円プラスにできるかどうかの瀬戸際。
余裕だろとか思ってたら昨日はマイナス出しちゃって
焦りに焦っています(笑)

まぁ投資において熱くなることは禁物なので
淡々と取引をしなければなりませんが
どうしても熱くなってしまうのが人間というもの、、、、。
来週の結果発表を楽しみにしておいてくださいね(笑)

それでは今週もトレード生活頑張っていきましょう!!

初めてのバイナリーは取引口座が必要です!


今からバイナリーオプションを始める方におすすめ!
ザオプションは私が今まで使った中でもかなり使いやすい取引口座になっています。
ペイアウト倍率も高く、取引画面も見やすい上、取引通貨も豊富です。
また約定ミスということもほぼないのが嬉しい特徴!
またザオプションには、チャート画面からそのまま取引できるアプリや
デモ口座など機能も充実しているので、初めてバイナリーオプションをしようという方にはすごくおすすめな口座です。
まずは口座を開設してバイナリーオプションライフを楽しんでみませんか?
今日紹介したのは

  • 5000円から始められる!
  • 業界一のペイアウト倍率!
  • 最短30秒で勝敗がつく!
  • 取引画面使いやすさNO1!